FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載コラム「ものづくり漫画のパイオニア『ナッちゃん』が復活――日本の製造業へのメッセージ」最終回

挑戦し続ける企業・起業家・ビジネスパーソンを応援する企業情報サイト「イノベーションズアイ」の連載コラム「頑張れ!ニッポンのものづくり」で、

◆「ものづくり漫画のパイオニア『ナッちゃん』が復活――日本の製造業へのメッセージ」(全3回)の【後編】が掲載されています。

【後編】https://www.innovations-i.com/column/fbi/17.html
【中編】https://www.innovations-i.com/column/fbi/16.html
【前編】https://www.innovations-i.com/column/fbi/15.html

漫画「ナッちゃん」には、「アカンアカンゆうてたら気持ちまでアカンようになるやん。それが一番アカンねんで」、「出来るかどうかを考えるんやない どうやったら出来るかを考えるんや!」といった数々の名台詞が登場します。

そんな前向きなナッちゃんは、今の日本のものづくりの状況を見てどんな台詞を言うだろうかと、作者のたなかじゅん先生に聞いてみました。ぜひご一読下さい。記事の「いいね!」ボタンもポチッとよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

「Q - The Plan To Save The World」――世界の政治・経済を牛耳り、深刻な貧富の格差を作り出し、世論を歪めているのは誰か

アメリカで、政治・経済を牛耳り、社会に深刻な貧富の格差を作り出し世論を歪めている「犯罪者」を追及する「The Great Awakening(「偉大なる覚醒」という感じ)」という草の根運動(grassroots movemen)が起こっている模様。まだ小さな動きだろうと思いますが。

◆Q - The Plan To Save The World (Subtitles)
https://www.youtube.com/watch?v=3vw9N96E-aQ

以下に、日本国語訳もあります。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1qgcY7p07MfTarCZK1cCKE7geiUuSBLjTEP3Lm36-cfE/edit#gid=1781560080

この「Q 情報拡散プログラム」という動画を作ったのはNSA(アメリカ国家安全保障局)の良心派(The good guys)とのこと。動画をそのまま受け取れば、ホワイトハウスにもNSAにも、カバール(cabal/陰謀を企むグループ)が入り込んでいたそうです。

はたしてそれが本当か、本当ならこの運動にどういう意図があり、現政権は関与しているのかなど、裏付けが取れなそうなことばかりではあります。まったく雲をつかむような話で、そこで言われていることを100%信用するわけにもいかないとは思います。

ただし、日本のニュースや報道からはつかみようがありませんが、おそらく反トランプ派と米メディアがスクラムを組んで行っている、あまりにひどいトランプ叩きに声を上げようという人たちが一定数いるのだなということは窺えそうです。知らんけど…。

いや…、そもそも、ある一方の側の主張しか伝えられない、伝わってこないことのほうが、不健全でおかしいですよね。

◆日本語訳より一部引用
(引用ここから)
トランプが政権の座を狙っていると分かると、カバールたちは、ただちに子飼いのメディアを使ってトランプに襲いかかった。

有名人たちが突然トランプ叩きを始めたのだ。(メリル・ストリープ、ロバート・デニーロ)

トランプが勝利した時もまだ、カバール・秘密結社の奴らはトランプの役割を理解できずにいた。
そして、洗練された'計画'が犯罪者たちめがけて展開し始めた。

負けたことにショックを受けた彼らは、
諜報、メディア、カネ、そしてテクノロジーを駆使して権力の奪還を試みた。

奴らの仲間である裁判所やFBIのトップが一丸となって、トランプをはめて追い出す計画を立てた。

ここでまた話はNSAに戻る。

全てのメッセージが集められたために奴らの計画は逐一暴露され、トランプの追放は阻止された。

トランプ就任から2年以内の奴らの書いたシナリオには、
数々の偽旗テロ、複数の飛行機追撃計画、ミサイルでの脅し、そして、トランプ暗殺計画が書かれてあった。
(引用ここまで)

連載コラムを更新!「ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活――日本の製造業へのメッセージ」【中編】

ご好評をいただいているイノベーションズアイ連載コラム、「ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活――日本の製造業へのメッセージ」(全3回)の第2回目記事、【中編】が掲載されました。ぜひぜひご一読下さい。

◆「ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活――日本の製造業へのメッセージ」【中編】
https://www.innovations-i.com/column/fbi/16.html

亡き父の跡を継ぎ、ものづくりに打ち込むヒロインの元OL・ナツコが織りなす、さまざまなストーリーを描いた漫画「ナッちゃん」。その舞台である鉄工所・阪本工作所のモデルは、作者のたなかじゅん先生の生家である田中工作所なのです。じゅん先生が幼い頃に何度も目にしたという、楽しそうに機械を作っている親父さんの笑顔が、漫画に登場するナッちゃんの笑顔と同じなのかもしれないな、と、インタビューを通じて感じました。

私もじゅん先生への取材にあたり、電子書籍で「ナッちゃん」全巻を購入して読み返したのですが、こんな今だからこそ、ものづくりに携わっている皆さんに、「ナッちゃん」をもう一度読み返していただけたらな、と思っています。

じゅん先生の最新作『戦国鍛冶屋奮闘記ナッちゃん鉄砲編』も、Kindleストアでポチッとよろしくお願いします(*´∀`*)/
Kindle書籍は、Kindle本体がなくても、スマホやPC、タブレット端末でも読めます。

◆Kindleストア『戦国鍛冶屋奮闘記ナッちゃん鉄砲編』
https://www.amazon.co.jp/戦国鍛冶屋奮闘記ナッちゃん鉄砲編-たなかじゅんコミックス-たなかじゅん-ebook/dp/B07DH495GD/

ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活!

イノベーションズアイの連載コラムに、最新記事が掲載されました! どうかご一読を。

「いいね!」ボタンもポチッとよろしくお願いいたします。

◆ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活――日本の製造業へのメッセージ【前編】
https://www.innovations-i.com/column/fbi/15.html

明日から3週にわたり、ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」の作者・たなかじゅん先生への取材記事を連載します

【新着記事公開のお知らせ】明日7月25日から毎週水曜日、3回にわたり、ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」の作者である、たなかじゅん先生への取材記事が、イノベーションズアイ( https://www.innovations-i.com/ )で公開されます。

「ナッちゃん」連載終了から約8年が経ち、たなか先生みずからが今年6月にKindle出版した新作『戦国鍛冶屋奮闘記 ナッちゃん 鉄砲編』への思いや、ものづくりに携わる皆さん文字色へのエールなどをお伺いしました。ぜひご覧下さい!

◆掲載スケージュール◆
「ものづくり漫画のパイオニア「ナッちゃん」が復活――日本の製造業へのメッセージ」
【前編】(7月25日掲載)、【中編】(8月1日掲載)、【後編】(8月8日掲載)

◆Kindleストア『戦国鍛冶屋奮闘記 ナッちゃん 鉄砲編』
https://www.amazon.co.jp/戦国鍛冶屋奮闘記ナッちゃん鉄砲編-たなかじゅんコミックス-たなかじゅん-ebook/dp/B07DH495GD/

◆記事掲載コーナー
イノベーションズアイ コラム「加賀谷 貢樹の 頑張れ!ニッポンのものづくり」
https://www.innovations-i.com/column/all_article/fbi/

国の伝統的工芸品「千葉工匠具」の職人が柏市長を表敬訪問しました!

今年11月30日に国の伝統的工芸品に指定された「千葉工匠具(ちばこうしょうぐ)」の柏市在住メンバー、
五香刃物製作所の八間川憲彦社長、八間川義人さん、
日本一の(解体用)バールメーカーとの呼び声高い矢羽根製作所の上原政則社長、上原政隆さんが、
柏市の秋山市長を表敬訪問しました。

20171219 103608

「千葉の鍛冶文化を残したい」という八間川社長の熱弁に、大きく頷きながら耳を傾ける秋山市長。

なんといっても、柏市の商工振興課の皆さんが親身になって動いて下さっている姿が非常に印象的でした。

20171219 110531

国の伝統的工芸品認定を機に、千葉の鍛冶職人たちの新たな試みが始まります! どうかご支援下さい

千葉の職人の技! 千葉工匠具の伝統をつなげていきたい
→FAAVO千葉でクラウドファンディングを実施中です


IMG_9966rev.jpg


この模様を近々、記事にしますので、どうかお楽しみに!

面白い顔認識エンジン

◆東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集

全国的に国産の木材価格の低下が続いている中で、裕福な東京都様にはぜひ、全国から材木を高値で買っていただきたいと思います。なにせ、約4500億円の売却益を得ることを見込んでいた築地市場を売らないで再開発するぐらい、財政に余裕がおありなのでしょうから。

◆東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011072751000.html

そもそも「東芝メモリ売却ありき」でいいのか?

お世話になっているM&A専門会社カチタスの平井社長様が、本日付けのフジサンケイビジネスアイで「東芝の経営再建について」という記事を執筆されました。

現状の東芝メモリ売却ありきの論調に一石を投じ、グループの稼ぎ頭である東芝メモリを売却せずに残し、会社更生手続きによって経営再建を図ることを提案する内容です。同記事が、同社のブログにアップされましたので、ぜひご一読を。

◆カチタス ブログ「東芝の企業再生について」
http://kachitas.blog133.fc2.com/blog-entry-497.html

東芝メモリの売却益によって債権回収を急ぎたい金融機関、および株主は嫌がるでしょうが、東芝の経営再建を本当に考えるのであれば、一考に値する有力な選択肢になるのではないかと思います。

【最新記事】「社員が定着する組織づくり~人が辞めない会社には理由がある~」が、月刊「理念と経営」誌に掲載されました

【最新記事のお知らせ】
「社員が定着する組織づくり~人が辞めない会社には理由がある~」というテーマで、
本日発売の月刊「理念と経営」誌の特集記事、計10ページを執筆させていただきました。

今回、人材の定着に力を入れて業績を伸ばしている3社の取材をさせていただきましたが、
かなり衝撃的なお話を聞くことができたと感じています。ぜひご一読下さい

(特集の概要)
○自社の使命に共感した人を採用し、離職率0を実現
 株式会社王宮 道頓堀ホテル
○よってたかって全社員で手間をかけて育てる
 水谷工業株式会社
○新人教育で学ぶ習慣を身につければ、人は挫折しない
 喜多ハウジング株式会社

http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2017/04/21-10.html

(最新号の内容)
http://www.rinen-mg.co.jp/backnumber/201705.html

(ご購入窓口)
http://www.rinen-mg.co.jp/backnumber/
https://secure354b.sakura.ne.jp/rinen-mg.co.jp/subscription/
プロフィール

kkagaya

Author:kkagaya
こんにちは! ジャーナリスト加賀谷貢樹です。ビジネス・経営、ものづくり分野等で主に執筆しています●主な掲載媒体:日刊経済新聞「フジサンケイビジネスアイ」、PHP研究所 月刊「VOICE」、月刊「理念と経営」、隔月刊「PHPビジネスレビュー 松下幸之助塾」、月刊「The21」など●連載コラム:イノベーションズアイ「頑張れ!ニッポンのものづくり」http://www.innovations-i.com/column/fbi/●フェイスブック:http://www.facebook.com/kagaya.koki●執筆等のご依頼先:kiitos_kagaya@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも一覧

変容する世界

マーケティングのチカラで地域活性化 ローカル・マーケター 神田將志研究室

実業の世界
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。